フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

忙しい姉

おかあさんといっしょを見るようになって、サム太郎と二人、いつもつい考えてしまう事。



「うたのおねえさん、実はプライベートでは意地悪そう」という勝手な憶測
いまいち、目の奥にギラリとした悪いものが潜んでいる感じがしてならない



一方、おにいさんの方は心の底からお仕事を楽しんでいる様子もわかり、
元劇団四季の一員だったというのも頷けるようなお声。



子供番組を勝手な大人の憶測と共にまた別の意味で楽しんでいる大村家です




日本へ里帰りしていた5週間。
TETOの反応が気になったけど、全然変化なし



あたくしに対してそっけなくする事もなく、
リサちんにも相変わらず良き姉っぷりを発揮




Img_4105_1
新しいオモチャ箱を買ってくれば、
すかさず安全チェックしてくれるし。











Img_4118_1 リサのお食事用椅子のテーブルの強化チェックも
自らの身体を張って(?)、
危険を顧みることなく、妹の為に安全性を確認。




















Img_4119_1 本人はものすごい本気で、真剣

















Img_4108_1 『うちのおねえちゃん、休まず頑張ってばっかり。
今も外界の平和と人々の安全を監視中なの。』














Img_4111_1 『ねぇー、ねぇっ、ちょっとは休憩したらぁ?』

2012年5月30日 (水)

どや顔

リサちんは完全母乳で育てているせいか、夜中も起きます
いや、どうなんだろう、完全母乳育児だからって理由なのかどうなのか不確か。
日本のサイト等だと完全母乳の子は夜中起きる傾向があると書いてあることが多いんだけど
こちらでは完全母乳だろうと何だろうとある程度の月齢になったら
朝まで通して寝れるはずという説になってるから




何がスゴイって、母親の身体。(ってか、あたくし自身の身体の話ですが)
疲れきってどっぷりと熟睡してるはずなのに、
リサちんが泣かなくても起きたのがすぐにわかり、対応可能。
夜中何度もあたくしとリサちんが起きて、授乳して、また寝るという繰り返しをしていても
気づいてない、サム太郎



父親って、努力しないと子供と絆を築いていくのは母親よりも難しいんですね、きっと。



それを考えると私の父は本当によく私の面倒を見てくれたし、
たくさんの時間を費やしてくれたし、だからこそパパっ子で育ったんだなぁと
つくづく思います。



さて、またブログの内容が4月の頃のお話になっちゃいます。
(まもなく6月に入るというのに.....





Img_3932_1 3月末に日本から戻って以来、
随分と髪の毛が増えてきた、リサちんは
最近、お出かけ時にはピンを付けて、
かわいらしく演出してたりいたします


ただ、手が頭に届き、
器用に動かせるようになってきてるので
こっそりと取り外してたりするので
目が離せませんっ

そのノリで帽子ももうおとなしく被っていてくれず、
散歩の時、困ります





Img_4076_1
リサちんの奥にあるオモチャ、
昔ながらというか、
大概の赤ちゃんが使ったことあるタイプじゃないですか?
どこの国にもあるんだなぁって、感心したんです、
購入した時

これ、まだ動物達を飛び出させる事はできないリサちん。
でも飛び出てる動物達をしまうのは大好きっ










Img_4078_1
すっごい真剣に、かなりの集中力で、
ふたをパタンと閉めていきます。









見てやってください、このどや顔



Img_4082_2







Img_4085_1 本当に得意げ

2012年5月29日 (火)

あたくしのドレス

本日、機関車トーマスを見ていた、我が家のリサちんが
お話の最後、めでたし、めでたし、になった途端に見事な、立派な、拍手をしてみせました。



正直、驚いた



一度、できるようになったらおもしろく、楽しいらしく、
本日一日中、拍手しっぱなしー



何がスゴイって、赤ちゃんらしい身体の正面でパンパンパンッ的な拍手じゃなくて、
左手は固定し、右手でトントントンと叩く、大人がするような拍手をしてみせる




あまりにかわいく、おもしろいので、
YOUTUBEでディズニーランドのパレードやショーを見せたら
俄然、ノリノリで貴婦人のような拍手っぷりをし続けてくれた



子供の成長を見るって、本当に楽しいんだなぁとつくづく思った本日でした





ところで、あたくしのウェディングドレス
実はリサちんに将来着てもらいたいのですよ願望をお話しましたが、
過去の記事だといまいちドレスのデザインがわかりづらいと気づき、
別のお写真をご紹介したいなぁと





6209_109659913105_571123105_2406824



このウェストラインのサテンのリボンに胸キュンでしたの。





6209_109660003105_571123105_24068_2 6209_109659928105_571123105_2406827













そして、このお気に入りのリボンの真下から
左右に流れるように同じ素材のパイピングがこれまた大好き





リサちんの好みもあたくしのものに近いといいなぁとひたすら願っちゃう








そうそう、そんなドレス自慢(?)ついでに
リサちんのいとこ自慢を







6209_109660028105_571123105_2406844


妹エイミーの長女 ジェンジェン(当時4歳)

7歳になったジェンジェンはまだちっちゃな女の子らしい
振る舞いのままだけど、見た目はすっかり小さなレディ

きっとあっという間に言動や態度も
大人っぽくなっちゃうんだろうなぁと最近は特に思う。











6209_109659778105_1386053_n 弟のフィーリックス(当時2歳)


この頃ほどには髪の毛はクルクルしておりませんが
いまだ天パー君です。


しっかりやんちゃで、
インディジョーンズとダースベーダーと
PCいじりが大好きな今日この頃だそうです











リサちんとこの二人はスカイプでちょこちょこ顔を合わせてはいるけど、
実際に会えるのはいつになるのかなー。
ジェンジェンが大きくなりすぎたらリサちんと遊んでくれなくなっちゃうし、
早いところ、英国にも里帰りしたいな。

2012年5月28日 (月)

妹の結婚式

先週、久々にリサちんの「お腹の中にいる時から幼馴染」である双子ちゃん
会いに行ってまいりました



そのお話とお写真は後日ゆっくりさせて頂くつもりなのですが、
実はそちらのお宅にはたくさんのアンパンマンおもちゃが



もうリサちんにとったら、ザ・パラダイスぅ



非常に幸せそうに次から次へとアンパンマンのオモチャをお借りして
「アンパンマン」の名前を連呼


双子ちゃんのママ、Kちんが、
『アンパンマンって言えちゃう10ヶ月児、初めて見たかも』とおっしゃってました。




「アンパンマンが初めての言葉でした」とご報告しても
いまいち伝わらないのが英国の家族



そんな家族のうちの一人、サム太郎の妹エイミー。
エイミーの30歳の誕生日会の記事を以前書いたので、もしよかったらどうぞ



実は、9年の事実婚の末、こないだの金曜日に正式にご結婚






Tjjqp



おめでとう、エイミー





9年の事実婚の間には、長女ジェンジェン(7歳)と長男フィーリックス(5歳)が
誕生しておりました。
リサちんのいとこ達です。(二人についてはコチラの記事に書いたことがございます。)




556277_10151153328579278_794865635_ 子供達もしっかりとおめかしして、
ウェディングに参加です

ドレスもゴージャスだったけど、
どうやら登場したお車もかっこよかったっぽい

右にチラッと写っているんだけどわかるかなぁ。







564307_10151153352004278_558074277_ そして、家族集合写真

その場に参加できなくて本当に残念無念
イギリスへ家族三人で里帰りするとなると
相当な費用が必要になってしまうのです

しかも、かなり急に正式に結婚する事を決心し、
あっという間に計画が進み、実行となったので
より一層駆けつけるのが無理でしたぁっ





そんなわけで(?)、我が家はミシガンよりスカイプにて
披露宴中のところ、ちょいと参加させて頂いたのですっ



文明の進化にまたもや大感謝




エイミーのドレス姿見てたら、私もまたドレス着たくなっちゃったなぁ。
ってか、もうあのドレス、着れないけどーーーーっ
(ちなみに私の人生で相当なハッピーデーだった日の記事はコチラですっ





このドレス、購入した時からのこっそり密かな夢。


将来、娘の結婚式に着てもらいたい


娘はできた。本当に。


さて、着てくれるかなぁ、リサちん。
やっぱ自分で自分の好みで選んで、新品のがいいって言うだろうなぁぁぁ。
チロっとだけでも着てくれるといいなぁ

2012年5月26日 (土)

ユーロビジョン、再び

今週末、アメリカはメモリアルデーウィーケンドという事で三連休中です

メモリアルデーは日本語にすると『戦没将兵追悼記念日』との事(ウィキより)
兵役中に亡くなった方々を追悼する日らしいです。


が、そんな中、夫婦二人して異国人の大村家、
週末第一日目にした事は「ユーロビジョンコンテストを観る」でございました



昨年もこのユーロビジョンについて書かせていただいたのですが
(その時の記事はコチラ
今年ももうこんな時期がやってきたのかと語りながら、楽しい時間を過ごしました。



さて、今年の優勝は「スウェーデン」でございました。



0 ものすっごい圧勝ぶりだったのです

曲はとてもユーロビジョンっぽかったかなぁとは
思いますが(ちなみに、コチラで観れます)
歌っているお姿は、3D貞子ちっくで
あたくし的にはアウトでした。










そんなあたくしの今年の一番のお気に入りは、「モルドバ」
(曲はコチラで)



7220444268_26f0962fda これぞユーロビジョン!!と言わんばかりの曲調
これぞユーロビジョン!!と言わんばかりの衣装
これぞユーロビジョン!!と言わんばかりの踊り

なぜ点が入らなかったんだーーーーっ










そして、想定外な代表者たちをこのコンテストに持ち出してきて、
断然、優勝しないようにこの手で出てきたな
(優勝国は翌年の開催地となり、恐ろしい程のお金を使用する羽目になるので
と思わせるチョイス




Hibabushkicp1450239428col だのに、かなり票が入ってた

なぜだ?
(ちなみにおばぁちゃんたちのお歌っぷりはコチラ








そして、昨年の記事にも登場して頂いたアイルランドの代表のお二人、
Jedwardという双子シンガー




まさか、まさかの、今年も代表だった




Jedwardperformduringthe1stsemifinal


ある意味、スゴイと思い出してきた


おもろいお歌っぷりはコチラでどうぞ。
















今年も楽しんだなぁ。
これが終わると、いよいよ初夏に入っていくんだなぁって気がする。
ちなみに三連休第二日目はサム太郎の武道仲間のピーターさんちでBBQです

2012年5月24日 (木)

時期を逃さぬよう......

先週末、約2年ぶりくらいに口唇ヘルペスが出現


もともと季節の変わり目や疲労感が出てきちゃった時にできやすかったのですが
こちらに来てから「L-リジン」というアミノ酸のサプリを摂るようにしだしたら、
止まったのです、すっかり。


で、妊娠が発覚してからはアミノ酸サプリとはいえ、
心配なのでL-リジンの摂取はやめました。
今も授乳育児の為に摂ってなく
いつヘルペス再発するのかとドキドキしてきてたのです。


とうとう戻ってきてしまいました
卒乳できるまではL-リジンに頼れないし、
これからもしばらくヒヤヒヤだなぁ



ヘルペスできると、非常に不快なのももちろんだけど、
何よりものすっごい全身の倦怠感&疲労感で、
休み無い、育児生活中にはより一層きついっす



さて、昨日、初イースターだったので桜色のワンピで
春気分を高めたリサちんのお話をさせて頂きましたが
その際にふと気づき、焦った事があったのです



他にもまだ一度も袖を通していないお洋服たちが結構あるじゃんかーーーっ




そんなわけで焦って、着れる時期を逃さぬようにと
まずはこのワンピ、着せてみました



Img_4052_1


イギリスのママがリサちんが生まれる前に贈ってくれたもの
お姫様ドレスみたいだった





Img_4068_1 リンゴをかじる、白雪姫気分
(実はただの赤いプラスチックのボール)


















Img_4070_1 おっ、リサちんが毒リンゴをおすそ分けですって(笑)











2012年5月23日 (水)

初イースター

この間の日曜日、20日でリサちん、10ヶ月になりました




Img_4578_1_1




いまだ、歯は生えてきておりません
伝い歩きは相当上手になり、1ヶ月前に購入した歩行器(カタカタ)を
ようやく本来の使用方法にて活用できるようになり、
毎日狭いアパートをうれしそうに端から端へとすたこらっさっさーと歩いております。
(私は必死にそのカタカタの向きを変えてあげる係)




我が家はもちろん、サム太郎自身も、サム太郎の家族もキリスト教信者ではありません。
サム太郎に関しては、完全無宗教というか、無神論者です。
(が、クリスマスは大好きなサム太郎



というわけで、先月の初め、イースターがございましたが
我が家は教会へ行くわけでもないし、本当なら無関係のイベント
それでも、復活祭とはいえ、春の到来を祝う意味もあるこのイベント、
せっかくだから春らしい気分になりたいじゃないですか




なので、初イースターを迎えたリサちんに春らしさを盛り上げてもらいました
夏生まれですが名前に桜が入ってるくらいだしね。(凛桜)





Img_3949_1_1



Img_3967_1

ピンクのワンピに、
ピンクバニーのヘアピン、
そしてピンクにゃんこのマットの上で、
春らしさポーズ






Img_3974_1 写真ばっかり撮ってたら
カメラ、貸してよーーーーっと
寄ってきちゃった















Img_3975_1 あとちょっとで手が届きそうっ

















最近はかわいらしいワンピを着たりすると、うれしいみたい。
お洋服を選ばしてあげるとはしゃいでるし。
やっぱり女の子なんだなぁ、10ヶ月でも





Img_3940_1







Img_4012_1 あんまりお外へ出たことなかったけど、
(新生児だったのと、寒かったのとで
4月からお外へもよく出かけ、
お外の空気や鳥さんたちの鳴き声、
木々の緑、風の心地よさなども楽しみだしている、
リサちんです

2012年5月22日 (火)

水族館もどき

先日、イチゴのみじん切りの中に、細かくしたパンを浸すような感じで
リサちんにあげていたのです
パンのパサパサ感もこれで解決だしねって思って



そしたら、サム太郎が予想外にも大絶賛しちゃって



『すごいよ、ともちゃん。なんてアイディアなんだ
考えもつかなかったよ、こんな方法
言ってみればベイビー用のイチゴジャムサンドイッチじゃないかーっ



えっ?何か大げさなリアクションじゃない?って少々困惑しながらも
それ以来、ちょくちょくフルーツ&パンがリサちんの食卓に並ぶようになりました。



というわけで(?)フルーツつながりなのですが
最近、覚えた英単語の使い方があります。
「フルーティ」です。


He is fruity sometimes. のように使います。
意味は「彼は時々オネエ系だね」って感じです。


サム太郎と一緒に「おかあさんといっしょ」を見ていたら
メーコブはちょっとフルーティだねとおっしゃる、サム太郎。


そこで、
じゃあもしかして、みぃつけた!のサボさんがお花が咲いた時もフルーティ?
と聞いてみると、そうそう、そうだね!!との返答



さてさて、それは置いといて。
皆様は水族館、お好きでしょうか?
あたくしとサム太郎は大好きなのです


スーパーやペットショップで金魚たちを見て、うれしがるリサちんを見て、
きっと我が娘も水族館が好きだなと思った、あたくしたち。


一番近場の水族館を調べてみる
どうやらデトロイト動物園に併設されている水族館が一番近いご様子
(私もサム太郎もデトロイト動物園には行った事が無い為、
どの程度の規模かもわからない)







Img_3906_1

とりあえず、じゃあと出かけてみました

念願の抱っこ紐でのお出かけでサム太郎ハッピー






Img_3916_1


出かけてみたのは、デトロイト動物園ではなく......


近くにあるアウトレットモールの中にある
アウトドアグッズショップ。

大きな水槽があるからね








Img_3922_1 いるのは淡水魚さんたちですが
そこは北米淡水魚さんたち。
なかなかご立派な大きなサイズ

デトロイト動物園への初訪問は
7月20日、満1歳のお誕生日記念に
行こうと計画中の大村家ですっ

2012年5月21日 (月)

ハンターとしての技量

実家の父が一生懸命録画して送ってくれたDVDの中の、
とある日の「おかあさんといっしょ」。


『リンちゃんのいただきます』という一般のお子様が
お食事をキレイに食べてみせるというコーナーがあるのですが、
それをサム太郎と見ていたら、サム太郎が急に巻き戻ししたのです


何?何事?と思ったら、
お食事の横に置いてあった、子供用カップに注目したご様子


画面の端っこに、チロッとしか映らないカップ
ゾウさんの絵が描いてある。


そして英語で.........




「ゾウさんの鼻はなぜ長い?」
『鼻くそを貯めておくため』




と書いてあった




ご存知で、シャレでお使いになっているのかもしれない
どうなのだろうか?




そんなことよりも、我が家の愛猫TETO



年末に腸閉塞の手術を致しましたが、その傷もすっかり癒え、
お腹の毛もすっかりフワフワの元通り




いままで、クモを見つけるものの、ただジィーーーーっと見守り続けるだけで
特に何の対処もしてくれなくって、
最終的にあたくしやサム太郎が対応していたのです



猫らしくないなぁ、こういうのは猫の仕事だろうにィ



といっつもサム太郎が嘆いておりました。






そして、昨日の夕方。
夕飯を食べていると、大きなハエが我が家に侵入していることに気がつきました


サム太郎が何とか追い出そうと追い掛け回すものの、
ハエにとって人間の動きなんてスローモーションらしいから、
そう思うとおりに事は運びませぬ



窓際に逃げ込んだハエ君。
そこへ、我が家の猫らしくない猫TETO登場


野次馬精神、好奇心旺盛な部分はバッチリと猫







なぁーーんて思ってたら、あっさりとそのハエ君を捕獲





Img_4357_1
やればできるんじゃーーーーん


えらいぞっ、TETO


2012年5月18日 (金)

GEEKへの英才教育

最初は、何かキモ怖という印象を受けた、NHKの子供番組『みぃつけた!』ですが
いまや、我が家ではかなりのお気に入り
キャラが濃いのが幸いするタイプの番組なんですねー、きっと。


どのキャラも好きだわーと思う中、たまらなく大ファンになっちゃっているのが
オフロスキー
独特過ぎるキャラと話し方でオフロスキーのコーナーやお歌を披露してくれるのですが
あのオフロスキーワールドに気づけば誘われてしまう、スゴイ


あたくしやサム太郎も好きなのですが、ちゃんとリサちんもお気に入りで
オフロスキーの登場でものすごい笑顔


おススメです




さて、皆様は『geek』という英単語をご存知でしょうか?


簡単に言えば、オタクって事なのですが、
もっと詳しく言うと、
見かけや言動がさえない、ださい、
でもとある分野の専門知識には長けていてとても詳しくオタクちっくという感じ。


ちなみにdorkという言葉も「ださい、いけてない」という意味で同じな感じがしますが
この場合は、知識が伴わない、単にださいというイメージがあるようです。



あたくしもサム太郎も
リサちんにはぜひとも「クラスの人気者:チアリーダー」タイプよりも
その『クラスからはちょっと浮いている:geek』タイプになって欲しいと
実は思っております。



なぜ?



あたくしもサム太郎もどちらかというとGeekだから





サム太郎のGeekな部分のひとつに『映画オタク』というものがございます。
英国在住時代の若かりし時には兄のベンジャミンと映画オタク仲間のフォズと
週に1度映画館で行われていた、映画オタクコンテストに必ず参加し、
不動のチャンピオングループとして一目置かれていたとか





そんなサム太郎を父に持つ、リサちん、
自然に、自動的に、こういうことになるよねぇ





Img_3894_1


かわいいんだけど、男の子に見えてしまう可能性大だから、
あたくし、必死に女の子らしいジーンズと靴下、そして髪にはさくらんぼのピンを
つけてみました




Img_3892_1
なんとか女のこらしさを保てているかしら?


















549275_10150914124463986_558188985_

そして、サム太郎本人は
ダースベイダーTシャツで
“I'm daddy”と書いてあるものを着て、
素晴らしく満足げ


とってもお気に入りの一枚となった為、
これはサム太郎のフェイスブックの
プロフィール写真になっております(笑)








ちなみに、Geekな大村家が強く強くおススメする
おもしろGeekコメディドラマ、『The Big Bang Theory ビッグバンセオリー
機会があったらぜひご覧ください



2012年5月17日 (木)

姉としての苦労

最近、意思表示の方法が「泣く」だけではなくなった、リサちん。
おっぱいを要求する他に、本を読んでーとおねだりするようにもなりました。



自分の本棚から、読んでもらいたいものを選んで、持って来て、
『んーっ、んーーっ』と本を突き出してきます。



読み出してあげると、ワクワクうきうきしているのがわかるので
こちらもハッピー



読み終わるとまた表紙に自分で戻して、『んーっ、んーーっ』とおねだり、
もしくは次の本を取りに行くのです。



微笑ましい成長のひとつです




メキメキと成長している妹のせいで、
家の数箇所にベイビーゲートをつけられてしまい、
ちょぴっと迷惑をこうむってしまった(?)、姉のTETO



飛び越そうと思えば飛び越せるのだけども、
毎回はちょいと億劫なご様子



Img_3886_1


ということで、台代わりになるものをご進呈



相当、ご満足頂いているご様子で


お姉ちゃんも大変よねー、TETOちん

2012年5月16日 (水)

ショッピングカート

すっかりこのブログ、「リサちんの成長日記」なブログと化しておりまして、
子育てブログかっというツッコミも入るところでしょうが、
基本はミシガニアン大村家の日常をお伝えしていく所存です


昨年誕生したリサちんが今はもっぱら(ってか、これからも
大村家の中心というか、話題の源というか、
そんな状況でございますのでどうぞご了承くださいませませ。



というわけで、その話題の源、リサちん、
最近はめっきり意思表示をしっかりするようになってきております。


まだ、指差し行動によるものなんですけどもね、
おおっ、泣くだけで意思表示していた頃より大進歩だなぁと感心



特に明確に意思を伝えてくるのは、おっぱいが欲しい時。
ソファーの左側にいつもおいてある授乳用クッションのところへ行き、
指を差したり、クッションを掴んでひっぱってみたりしながら
「あーあーあーっ」だとか「うーっうーっ」だとかと必死に要望を伝えようとする姿は
おもしろ&微笑ましいです



例えその場にクッションが無くても(時々隠したりしちゃう、意地悪なマミィ)
そこのあるべき場所へ立ち尽くし、指差しながら、やはり「うーぅっ、うーっ」と言ってます。


Img_3876_1

そういったわけで、
意思表示のできるようになったリサちんです。












Img_3878_1 車に乗るとすぐにアクビがでちゃいます。













Img_3880_1 あっ、寝た
















Img_3882_1 日本のお店のショッピングカートがお気に入りだった、
リサちん。(満面の笑顔の証明写真はコチラ

よくよく考えてみたら、今までの
リサちんのアメリカでのショッピングカートの様子は
キャリーシートで乗る形でした。
(その頃の様子はコチラ

そんなわけで、帰国後、
本当のショッピングカートデビューしてみました。
カート用カバーを付けてみました。
折りたためて小さくなります。





一応、クッション代わりになるのと、安全ベルトが装着できるのと、
カートについてるかもしれないばい菌を
ベイビーが触らないで済むという利点がある、このカバー。



どうかな、リサちん、アメリカ式でも楽しんでくれるかな?





Img_3883_1 うん、大丈夫そう

2012年5月15日 (火)

リサちん初訪日 -番外編-

リサちんの、日本に滞在している間、できるようになった事の一つに
『音楽に乗る』というものがございます


お友達が姪っ子&甥っ子ちゃんが使っていたオモチャを
数点貸してくださったのです、滞在中用に。
その中の一つに音楽を奏でるオモチャがあり、
曲が流れ出すとうれしさを全身で表すと共に、
身体をリズムに合わせて揺らすようになった、リサちん。



その様があんまりにもかわいくって、あたくしも、母も、
隙さえあればそのオモチャのボタンを押したり、歌ってみたりして



最初のうちは音楽に反応し、ひざをカクカクとさせながら、
身体全体を上下に動かすような感じだったのですが
何とミシガンへ戻ってきてからはかなりオシャレなノリっぷりを見せるようになったんです。


頭を前後に振ると言うよりは、肩でリズムを取り、
頭も軽く振りつつ、アゴをつきだし、首も前後に動かすような感じ
わかるかなぁ.....、赤ちゃんのノリというよりは、大人びてて、生意気な動き



ただ、童謡や子供番組の曲でもそのノリっぷりを見せるので
「えっ?この曲でその動き?!」とツッコミを入れることもしばしばです。




そんなラッパー的なノリをみせるリサちん、
(やっぱりエミネムと同じミシガン出身だからかしら?イヤ、関係なし
実は、本格的モデルデビューをこっそりと日本で体験致しましたー。




へへへ、というのも、実は、
滞在中のものすっごいうれしい出来事のひとつに
まるまるまる』ブログのmaiさんとじいやさん、
ご本人達にお会いする事ができたのです






めちゃめちゃおいしいお蕎麦が食べれる出流山さんまで
何とはるばるあたくしたちに会いに来てくださった、お優しいお二人








Img_3644_1 きっと都会的に洗練された素敵な人たちが
登場するのだろうと
ドキドキわくわくしながら、
お蕎麦屋さんで待ち構える、あたくしたち。















Img_3641_1_1 「まだだねー」と声をかけたら
二人してこっちを見た



















そして、ついにお会いできたお二人は、
想像以上に都会的で洗練されていながらも、
気持ちの良い、素敵で気さくで、会えて本当によかったーと
心の底からウソなしで想える方たちでした





Img_3649_1 お会いする前から、
絶対美人さんだろうと予想していたんですが
本当に美人さんでした。

強くきつい印象の美人さんというよりは、
とても優しいふわーっとした感じの美人さん。


あんまりにもキレイなお姉さんに抱っこされて、
リサちん、失礼なほど、見上げて、顔を見つめまくり














Img_3662_1_1 せっかくですからーとお願いして、
お二人とリサちんの写真も
撮らせて頂いちゃって


リサちん、大はしゃぎな笑顔









Img_3666_1 じいやさんの事も見つめております

じいやさんは、とっても芸術肌な空気を漂わせ、
それでも爽やかで物腰柔らかな応対で、
素直で純粋な方なんだろうなぁと。






母も、なんて感じのイイ、素敵なカップルなのだーと大感激でした。





そして、プロのカメラマンであるじいやさんにお写真を撮って頂いた、リサちん。
本気のモデルさんデビューだわと親バカなあたくしはうれしがっていたら、
プロだってわかっちゃったんでしょーね、きっと、
いつもなら、笑顔でカメラを見つめるリサちんが、
妙に真剣なまなざしでじいやさんのカメラを見つめ、
全然笑顔を出してくれなかった。はははっ
一丁前に緊張してたのかなー



_s4i2584 _s4i2667



















仁王像の門前で、母とあたくしとリサちんで、
母娘三代の素敵な写真を撮って頂いたのですが
本当に素晴らしい仕上がりで、間違いなく宝物入りの写真になったと思っております。


ちなみに、全く同じ場所でサム太郎が訪日した時に写真を撮ったのですが
『えっ?本当に同じ場所?』というくらいに写真に違いが出まくりで、
じいやさんの腕っぷりに感動し、自分達のど素人っぷりに苦笑いしちゃいました






本当の本当に、お二人にお会いできて、うれしかったし、良かったー。
絶対、またお会いできる機会がくると信じて、
大村家も栃木の実家の両親たちも楽しみにしております


maiさん、じいやさん、ありがとうございました

2012年5月14日 (月)

リサちん初訪日⑧

日本に里帰りしている間、できるだけ子供番組をDVDに録画して帰ってまいりまして、
毎日夢中でリサちんはそれを見ています
とっても真剣な眼差しで集中力たっぷりに見ている様子はかわいらしく、
何だか生意気な感じがします




好きなキャラや好きな曲、好きなコーナーになると、
キューンッとしちゃう感じの笑顔で私の顔を見るので、
一緒にテレビを見るのが楽しくてたまりませんっ



そして、今日は初めて、テレビを見ながら、ケタケタケラケラと大声で笑ってました



そんな孫の様子の報告を聞いた、じぃちゃん
かわいい孫の為に、めちゃくちゃはりきって、更に子供番組を片っ端から録画し、
4枚のDVDを送ってくれました



4月から「みぃつけた!」のスイちゃん役の女の子が新しい子になったんですね。
何だかまだ演技も素人っぽくって、台詞も棒読みな所が、
初々しい感じがたっぷりでたまらなくカワイイと思っていたら、
サム太郎と二人、気づいちゃいました



新スイちゃんとリサちん、何か似てる



S2_img2


元々のスイちゃんもスイちゃん役がピッタリはまってて好きだったけど
新しいスイちゃんもかわいいから、そしてリサちんを何か彷彿させるから、
大好きーーーーーっ (←結局、単純王






しゃて、5週間の日本への里帰り、本当にあっという間でした。
ほぼ毎日スカイプを使用して、サム太郎とは顔を見ながら話もしていたので
そーんなにさみしい想いもせず、想いもさせず、
仲良しのお友達と楽しい時間を過ごせたり、
ものすごい懐かしい、ずっと会ってなかったお友達と再会が実現できたり、
父や母、親類のすっごくキラキラな笑顔を見れたり、
食べたかったものを体重増加はお構い無しに食べまくったし
大満足でした





Img_3697_1

日本で、生後8ヶ月になり、
すっかりつかまり立ちがお上手になって
帰ってきた、リサちん。


(いまや、つかまり歩きも相当な速さで、
ちょっとした拍子に一人で数秒立ってたりするくらい












Img_3818_1
お写真&ビデオを撮られるのも大好き
そしてそれを自ら見るのも大好きなリサちん

















Img_3830_1 帰国前の荷物詰めでは、
はりきってお手伝いしてくれている 

ということは、やはりミシガンが自分の家だと
わかっているのかなぁ。







Img_3846_1 実家のある栃木から空港までは高速バス
じぃちゃんもばぁちゃんも一緒に成田まで

おじさまはこのバスターミナルでお別れー

ここで、バスの窓辺で初めてまともに
バイバイと手を振る事ができて、
皆で驚きと喜びの瞬間をシェア





Img_3872_1 帰りの飛行機の席、
チェックインカウンターでは
「バシネット席(簡易赤ちゃんベッド装着可の席)も
回せず、
お隣空席の席も無く、ご予約のままの席になります。」
と言われ、しょうがないなと思いつつも、ガックシ

すると、預け荷物は3個目から追加料金なので
お支払いをする気満々でいたら、
『大丈夫ですよ』とカウンターの方が。

席のアレンジができなかったのでかわいそうに想ってくれたのでしょうね



悪評ばかりを聞く、米系航空会社たちですが、
十分な心配りとサービスじゃないですかーと思った、あたくし。



何と、ダメ元で今度はゲート前のカウンターで今一度、
空席の隣の席はないでしょうか?と伺いを立ててみると
離陸するまでに飛び込みのお客様もいたりして、保障はできかねますが....と
言いながら回してくれた新しい席、
何と、3シート空席、貸しきり状態、イェイ




春の嵐の日の旅立ちだった為、
ゲートが閉じてから、離陸許可がでるまで滑走路の順番待ちで
まさかの『2時間飛行機内に缶詰』でしたが、
3シート貸切状態なのと、授乳用クッションを持ち込んだ為、
リサちんはとってもおりこうに、行きとは打って変わって、7割方寝ていてくれました



ま、そのせいで時差ボケからの脱出にものすごい時間がかかってしまいましたが




こうして、無事、ダディ&TETOの元へ帰ってこれた、
あたくしとリサちんなのでございました。



長々と訪日記録にお付き合い頂き、ありがとうございました



2012年5月11日 (金)

リサちん初訪日⑦

日本に里帰りした時に、楽しみだった一つが日本のテレビ番組



でも、離れていたせいなのかなぁ、
あたくしの記憶にあった程、
おもしろい番組ってなかったです、正直



いまだにこちらに住みながらもサム太郎とよく見るのは
「ぐるナイ(ゴチになります)」や「はねトビ」なのですが
そのほか、新しいおもしろい番組の発掘ができるのを期待してたんで、
あれれ?な感じでした。



が、唯一、おもしろーい、笑えたー、サム太郎も好きそうというものを発見



「とんねるずのみなさんのおかげでした」の『前略 道の駅より』です




案の定、サム太郎も超気に入っております。
「男気」を説明するのがちょいと大変だったけど
日本語ならではの言葉って結構多いんだーってサム太郎と知り合ってから
気づく機会が増えました。



Img_3739_1

離乳食デビューを生後半年に無事済ませ、
少しずつ、果物や野菜を食べるようになったリサちん。

日本にいる間、絶対に栃木のイチゴ、とちおとめは
食べさせてはならない!と公言していたのに
(おいしすぎて、アメリカのイチゴ食べなくなっちゃうから)
予定外な場で口にしてしまった、リサちん。

それ以降、ほぼ毎日とちおとめ三昧








Img_3752_1
イチゴを見ただけで、待ちきれず、
ガブリっとしちゃう位に大好きでございました。




ちなみに恐れていた、アメリカのイチゴは
甘くなくて嫌いになっちゃうかもという展開は
幸いにもなく、こちらでもイチゴは引き続き大好きです







離乳食の進行度はやや平均よりも遅い感じではあるものの
今のところ、好き嫌いもなく、毎日しっかり楽しそうに満喫しながら食べてくれております。




が、いまだに、めちゃめちゃ『オッパイ大好きっ子』のリサちん。
歯もまだ生えてきてないのもあるのですが、
離乳食も一応一日三食採ってるものの、卒乳の気配はまだまだまだまだ先の様です。



オッパイあげれる期間なんて、ある一定の短期間ですからね、
できるだけ長い間あげていたいのが本音です




Img_3675_1 そして、このリサちん、
授乳後、大満足で
「おなかいっぱーーーーーい」の状態。


動けませんっ












Img_3676_1 それでも、カメラに笑顔を向けてくれる、
なんとも愛らしいリサちん


















日本での毎日はリサちんにとって、とっても刺激的だったはず。
いろんな人に出会って、いろんな人に話しかけてもらって、
いろんな人と遊んで、いろんな事、吸収して成長した気がします。










2012年5月 9日 (水)

リサちん初訪日⑥

日本の里帰り中に色々と買いあさったアイテム、それはUVグッズ



UVカットに燃える日本魂はアッパレ
ありとあらゆるものに「UV90%以上カット」とかってなってるし。



欧米の方々は基本、焼いてなんぼ日光浴バンザイなので
日本のようにUVカットグッズは溢れてはいない


自分用のUVグッズもそうだけど、今回はリサちんの為のものもゲットしました。
その中の一つがこれ


O0640048011908728481


めちゃくちゃ画期的さすが日本と感心しまくって購入したんだけど、
こちらで使ってみること数回......あんまり使い勝手よくないかも




ベビーカーにつけれるクリップ形でコンパクトに折りたためるサンシェードなのですが
ちょっとした風でペローンとしちゃう




というわけで色々調べ、どうやら今週末こちらのベビざらすにて
こういうのを買おうと思っております


55853image


天気が悪くない日以外はお散歩へ出かけるようになっているし、
とてつもなく必要性を感じる毎日です。




お散歩へ行って、それなりに楽しんではいる様子のリサちんですが
日本にいた時のこの表情ほどの堪能っぷりは見せてくれません




Img_3568_1




Img_3565_1 Img_3567_1





















とにかく、この日本式のショッピングカート、お気に入りでしたねー。
よほど座り心地よかったんだろうなぁ。
ただ、これがアメリカにあったなら喜ばれるか.....というとまた別の話。
リサちんは喜ぶだろうけど、買い物のアイテム、まず乗り切りませんから、これでは



むずかしいところです。






Img_3584_1 じいちゃん肩車で大満足なリサちん





















2012年5月 8日 (火)

リサちん初訪日⑤

最近、リサちんがお昼寝中に頭がビッショリになるほど汗をかくようになってきました。
なんか、一気に『子供』って感じになってきた
うまく説明できないのですが、子供って汗かきで、
えっ?ってくらいに汗で髪の毛ビッショリってイメージがあたくしの中にあるのです



そういえば、日本へ里帰りしている間、一度だけ、東京へ足を運びました


フロリダ・ディズニーで一緒に働いていた仲間達とのプチ同窓会の開催のため。
同期全員が集合する事はまず不可能
(九州や関西、フランスや英国、米国に散らばって住んでいるので)
とはいえ、名古屋から駆けつけてくれた子や
世界各国を周る豪華客船の乗務員をしている子がラッキーにも下船中だったりと
6名集合し、そこへリサちん、更に1名が臨月だったので、プラス2でした





Img_2960_1


というわけで、初電車を楽しんだリサちん
地下鉄にも乗りました


大きなマミィバッグ(オムツやオモチャが入っている)を2個、
抱っこ帯で7キロのリサちんを抱え、寒い雨の降る中の東京への日帰り旅行

リサちんは上の写真のようにシートに座ってくれたのは最後の30分くらいだけ。
行きも帰りも抱っこ帯で、ずっと窓際に立って過ごしていた、あたくしたち、母娘。
それでも泣かないでくれれば、いいんです


「母は強し、ママは力持ち」でなければです、つくづく。




Img_3002_1
電車デビューも果たした、リサちん。


メリルストリープがテレビに出て、
英語で話してるのが聞こえた途端、
真剣にテレビを見てました。

しかも何だか偉そう











Img_3163_1

滞在するうちにモモちゃんとの距離もどんどんと縮まり、
仲良し度UP



















Img_3332_1

100均で買った鈴におおはしゃぎ



この頃から音楽を聞くとものすっごいリズムに乗り、
身体を揺らし、ダンスするようになりました














Img_3039_1_2
母の兄であるおじさまのお宅へお邪魔したら、
おじさま、見せた事ないほどの素敵な笑顔










Img_3257_1


うちの父もものすごいイイ笑顔









リサちんのハッピースマイルパワーはすごいなぁ






2012年5月 6日 (日)

リサちん初訪日④

離乳食デビューを1月末に、すりおろしリンゴで見事果たした、我が家のリサちん
最初から食欲旺盛で、好き嫌いも無く、非常によく食べてくれております


最近はランチタイムの時に、
自給のトレーニングとして、手づかみでお食事に挑戦もしております


一生懸命、そして楽しそうに、
人参やピーマン、ブロッコリーなどをつまんでは
必死に口へ運んでいってるリサちんの様子はとてもかわいらしいです
(まだ5回に1回くらいしか、上手に口の中に入れられないんですけどもね




Img_2874_1 日本滞在中、
リサちん用にベビー用のチャイルドシートを
Dスキンさんからレンタル致しました。

何がビックリって、日本のチャイルドシート、
軽い、手軽、簡単ですんばらしーーーーっ

アメリカのほうが頑丈度は高いから
安全性も高いのかもだけど、
座り心地も素材も断然日本の物の方が良さそう








Img_2879_1 すぐに気持ち良さそうにご就寝だし



















Img_2882_1 チャイルドシート同様、
日本の物に感動したのがコレ→


どこのお店にもある、お子ちゃまシート付きの
ショッピングカート。

すっごく子供的にも座り心地いいよー、これ。
安全な感じにちゃんと考えてあるし、
物によってはリクライニング式だし、
もう驚愕








Img_2890_1 Img_2884_1


















リサちんもどこのお店に行っても、この手のショッピングカートに乗ると
一気にご機嫌モード
ウキウキでお買い物を楽しんでおりました





Img_2904_1 お出かけついでに、
廻るおすし屋さんにも行ってきました


ま、リサちんは何も食べれませんけどもね、
ここでは。












Img_2911_1 主にマミィがお寿司を堪能する方向で、
リサちんはじいちゃん&ばあちゃんと楽しみつつで。


















Img_2912_1市内に数店舗ある廻るおすし屋さんの中で
ここが選ばれた理由  ⇒


新幹線で運ばれてくるから

まだちょっとリサちんには理解できなかったけどもね。

2012年5月 5日 (土)

リサちん初訪日③

実は、ここ数日、リサちんが「はじめての言葉」を言うようになりました。


日本語です。



一応。





『アンパンマン』






マミィか、ダディか、TETOかとワクワクしてたら、
アンパンマンに取られちゃったぁ




そんな「アンパンマン」リサちん、日本で初節句を迎えました





Img_2756_1





Img_2749_1 雛人形は、あたくしのものです。
東京のアパートやマンション住まいだったので
コンパクトなものだったのです。

でも、リサちんに譲りました。今年から。
とはいえ、全部を運ぶのはえらい事なのになるので
お雛様とお内裏様だけをとりあえず持って帰ってきました。





Img_2758_1

ま、リサちんはケーキのほうが
気になってらっしゃるけど









Img_2741_1


真似事ちっくでしたけど、一応初節句、
迎えることができましたぁ














Img_2696_1




初節句を終えた、リサちんは何だかビミョーに色っぽい?

(白ニャンコタイツもお似合いだし














Img_2771_1

ねっ、やっぱりセクシーな感じする


















Img_2782_1

もしくはオヤジっぽい?
















Img_2729_1




いえいえ、読書をしながら、
知的度をUPしているのですよ、本当は




2012年5月 4日 (金)

リサちん初訪日②

最近、リサちんの髪の毛が増え、くせっけ度UP
日々、くりくりくりりーーーんな感じになってきております。
髪の毛が伸びるのが楽しみぃー


さてさて、リサちんの初訪日っぷりの続きでございます。



Img_2502_1 日本に到着してすぐに両頬を
濃いピンク色に染めるようになってしまった、リサちん


ミシガン生活中も授乳後はよくほっぺ赤くなってたけど
日本ではほぼ常に。


ガサガサ乾燥してるとかではないので
暖房の違いかなぁと母と推測しておりましたが
実際のところ、どうなのかしら?






Img_2511_1 父が用意してくれていた簡易歩行器に入り、
実家のワンコ、モモちゃん(男子)とも
すぐに仲良しになった、リサちん。

赤ちゃんと仲良くできるのか?
と心配されていたモモちゃんですが
なぜか、リサちんにではなく、
あたくしに異様にライバル心




Img_2684_1 ね、リサちんとはまるでTETOとのように
仲良しにお昼寝までできちゃうモモちゃん


生まれたときからTETOと一緒にいるリサちん、
ワンコとはどうか?と思いましたが、
どうやら動物全般大好きなご様子で
モモちゃんのことも最初から追っかけておりました

この頃からテレビで動物が出てくると興奮して、
身体を激しく揺らすようになったし





Img_2514_1

日本についてまもなく、雪


雪国ミシガンからやってきたはずなのに
雪に見舞われるとは、呪いか?

ちなみにこの頃、スカイプでサム太郎が
『ミシガンは夏並みに暑いよーっ』と報告してきて
軽くムカッ
こっちは寒いっつーのっ





Img_2579_1 長旅の疲れと外の天気と寒さもあり、
最初の1週間はほぼ実家でまったりと過ごした、
あたくしたち。


ばぁちゃんは、歌や音楽を聞くとついつい身体を動かし、
リズムを取るリサちんにメロメロ

ちょうどガンガン、某携帯会社のCMでやっていた
「青い山脈」の曲を
一生懸命歌いかけておりました






Img_2621_1 そして、初めてリサちん、
家族親類以外とお会いする為にファミレスへ


リサちんのファミレスデビュー

なにがビックリしたって、メニューに離乳食あったよ
日本って何でも至れり尽くせりなんだなぁ。
(ま、日本のものであっても瓶ベビーフードには
手を出さずに頑張りましたが





久々に会えた、大人になってからできた大親友のMちゃんは
相変わらず年齢不詳のお美しいままで、
お肌に毛穴も見えず、キラキラオーラ



あたくし、アメリカ生活&産後の影響でしっかりとデブりんぼー
ママオーラは間違いなく出しまくっていて、
これはこれでめちゃめちゃ幸せなのだわーっと思いつつも、
キラキラオーラは失ってしまった事を再確認



でも、我が愛しの旦那様、サム太郎はそんなあたくしの事をいまでも
キラキラしてると言ってくれてるのでありがたいものです


そう、そして、やはりアメリカ生活&結婚・ダディライフにより
体重が更に増しているサム太郎ですが、
あたくしの目には相変わらずかわいらしいのです



あれ?本日の結末はいまだまさかのバカップルぶる発揮?

2012年5月 3日 (木)

リサちん初訪日①

昨日、なぜか23度まで気温上昇 
しかも、珍しく湿気たっぷり
更に本日は30度まで上がるとの予報も出ていた為、
あたくし、早めにお散歩へ出かけようと計画しておりました



リサちんを抱っこし、ベビーカーを担ぎ、ドアに鍵をかけ、いざ出発
(我が家の玄関は2階になってるのでベビーカーを担いで、階段を下りてから、
ベビーカーを広げなければならないのです




ベビーカーを広げた途端、まさかの雨
一瞬、レインカバーをかけて行けるかなと考えたものの、
そこまでしなくても.....と思いとどまったら、豪雨に変身



致し方なく、家の中へ戻って1時間、ウソみたいに青空



肝心のリサちん、TETOとお昼寝中




Img_4225_1






ま、そんな日もありますわね。




さてさて、日本への里帰りに出発して2ヶ月、
ミシガンへ戻ってきて1ヶ月経っておりますが、
ようやくリサちんの訪日っぷりを語れそうです




Img_2458_1_1

空港でさみしそうな表情だった、サム太郎。


サービスが日系の航空会社よりよくない、
いや、むしろ最悪だーと言われている米系航空会社。


そんなことなかったです、ちっとも。








セキュリティーゲート前でバイバイしなくっちゃならないはずのサム太郎に、
こっそりとゲート入り口までついていける特別パス、くれたし




赤ちゃん用の取り付け方ベッド(バシネット)席はまわしてもらえなかったものの、
お隣空席のシートへ移動させてもらえちゃったし

機内食なんて食べれないと覚悟してったのに、お隣空席のおかげで食べれたし



細やかなお心遣い的なサービスやお声がけはなかったものの、
ま、想像していたより快適に空の旅を過ごす事ができました


とはいえ、初めての飛行機。
リサちん、大興奮でなかなか寝てくれず
ぐずって大泣きをすることも無かったものの、
13時間のフライト中、寝てくれたのはトータル2時間チョイ。
あとの残りはほぼ抱っこ帯で機内をウロウロしたりして過ごしておりました



そして、母乳育児で本当によかったー、助かったーとつくづく思ったフライト中。



旅の前半は乗務員さん達も、乗客の数名の方々も、
「泣かないし、おりこうさんにご機嫌に過ごしてて、えらいわねー、良い子ちゃんだわー。」
と声をかけてくれましたが、
成田へ近づくにつれ、
『ママが頑張ってるのね、えらいのはママだわー』と言ってくれるようになってました。



とにもかくにも、泣かないで過ごしてくれたので、
母としては何よりもホッとしたわけです。




成田へ到着してからは、まさに『かぁちゃん、がんばる』の精神で
リサちんをおんぶ、マミィバッグ(リサちんのアイテム)、機内持ち込みバッグ、
スーツケース大小それぞれ1個ずつ、ベビーカーを
カートに載せ、必死に父の待ち受けるゲート外へ




父に会えた時、本当にうれしかったーーーーーっ




が、旅はまだまだ続くのです。
成田から、実家の栃木までは高速バス


リサちん、まだまだ興奮冷めやらぬ状況でバスでも寝てくれず、
結局実家に到着し、1時間後爆睡


おかげで翌日から活動可能な程、時差ボケが軽く済みました






Img_2461_1

到着翌日、早速じぃちゃんと仲良く過ごす、
リサちん
















Img_2465_1

孫を乗せて、乳母車を押すの、
父の長年の夢だったんです



親孝行したわー、あたくし











Img_2466_1

リサちん、畳、初体験中




















Img_2482_1 でも、午後はやっぱりやや時差ボケの名残で
お疲れで。


ばぁちゃんに抱かれてスヤスヤ
















Img_2494_1 夜も早い時間にこんな風に
寝ちゃいましたー

2012年5月 2日 (水)

半年記念日

ここ数日、曇り空
でも日本はせっかくの黄金週間なのに大雨だとか
何だか、ミシガンも日本も今年の夏は早めに到着しそうな予感がするのはなぜかしら?



ところで、まだ春もやってきてなかった頃、リサちんが生後半年となり、
ちゃんとした写真屋さんで家族写真を撮っておこう
今という時間は今しかなく、戻れないのだからーとサム太郎に語り、
念願の家族写真を撮りに出かけた大村家。



一つ残念な事はそういったお写真にはTETOが仲間入りできない事



Img_4119_1


あたしは別に気にしてないけどね





 


プロの方に撮ってもらうんだもの、ものすっごくステキに仕上がるはず
と期待大で行ったのがよろしくなかったのか、
非常に何だかガッカリなものに





Img_2192_1





Img_2193_1_1




この他、家族三人での写真も含め、数枚撮ってきたのですが
どれも、自分的にいまいち気に入らないものばかりで




1歳記念でまた写真を撮りに行くつもりなので
今度は別の写真屋さんを利用してみようと既に考え中でございます。







011_1 Img_2248_1

















ちなみに、生後半年間でこんなに成長しました

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »