フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 萌える親バカ | トップページ | ハゲからの卒業 »

2012年1月18日 (水)

猫好きには...

突然ですけど、あたくしの最近のお気に入りサイト


フェリシモ猫部  http://www.felissimo.info/neko/index.html



ご存知でしょうか?



つくづく、日本ってニャンコグッズも多いし(しかもカワイイ)、
猫好きさんもたくさんいるし、猫カフェとかもあるし(行った事はないんだけど)、
断然、猫好きにはパラダイス的な国だと思うのです



アメリカって、断然、ワンコ派が多い上に、ワンコグッズが主流で、
ニャンコのものは二の次扱い


しかも、ニャンコ好きの典型的なイメージは
「ちょっと変人、もしくは多少クレイジーな初老のおばさま」みたいな感じになっている



うちのサム太郎(猫大好き王)が思うに、
ワンちゃん好きな人は割りと支配欲が強く、常に上に立ちたいと考える傾向があるので
ちょうどアメリカ人の国民性に合うんじゃなかろうか?とおっしゃっている。


一方、ニャンコ好きな人はどちらかというとペットでも対等に、
お互い邪魔をしない程度にそれぞれの生活の空間を共有していけばいいんじゃ?
って感じでぬるーーーいからね......と。



ま、サム太郎のセオリーが正しいかどうかは怪しいですけど
アメリカよりも日本(そして英国)のほうが猫好き&猫は暮らしやすいという事実は
間違いないと思いますの、あたくし



というわけで、ニャンコ大好き大村家、
リサちんのお洋服やその他諸々、猫グッズだと超うれしくなるわけでございます。





Img_1304_1
オムツ&よだれかけだけで
金太郎さんみたいな状態になってはおりますけども、
このリサちん


でもって、よだれかけ、
猫と思いきや、実はトラさんですけど

猫グッズが豊富ではないアメリカでは
トラやライオンも猫グッズとして
大村家ではカウントされます







Img_1225_2 猫のお顔がついたよだれかけやシャツ、
ズボンも所有してますが、
このウサギちゃんボトム(オシリ)のお洋服も
我が家では気に入られております

ちなみにこれは日本のもの。
日本のものはカワイイなぁと思うことが多々。










Img_1457_1

黒猫ちゃんのよだれかけをつけ、
大好き王のダディと記念撮影。


全くもって確認できませんが、
リサちんの着ているパジャマは
これまたニャンコ模様なのでございます。












ダディの腕の中で寝ちゃったリサちんの横で、
TETOも寝ちゃった




Img_1224_1



日本に里帰りできた際には猫グッズ探ししまくっちゃいそーな気配のtomomioです

« 萌える親バカ | トップページ | ハゲからの卒業 »

3.猫のTETO」カテゴリの記事

2.大村家」カテゴリの記事

8.妊娠・出産・育児」カテゴリの記事

コメント

猫グッズ多いですよね、最近の可愛いのもあるし、
招き猫とか、古典的なものまで〜^^;

犬と猫は教育方針まったく逆ですしね、
猫に犬扱いすれば逃げ出すか、ビビリ猫なるし、
で、犬に猫扱いしちゃうと、いい気になって傍若無人になって〜。。。。
手が付けられなくなるし、どちらにしても〜、
性格、気性にに合わせて飼わないといけないですし、もっとも、
犬飼ってる人の一部で、信頼関係抜きで、専制君主してる人いるんですよね〜。

猫って、昼寝とか横になるとそばで寝たがりますよね^^;

草之丞さん

確かに、昼間横になるとうれしそーにそばで寝だしますね
おかげで「ほんわかぁ」な気持ちにずっとさせてもらえてます。
夜中-朝方、突然興奮して一人大運動会始めちゃう時は困るけど....

ワンコとニャンコとのお付き合いの仕方はかなり対照的ですもんねー。
アメリカ人の典型的な気質にはワンコが好まれるのも納得っちゃー納得です。

猫好きだと、変人扱いなの~?
確かにアメリカの映画を観てると、「俺が正しいんだ、みんなを導いてやるからついてこい」みたいな話が多いしねぇ。
「いや私は私で勝手にやるから、別に世界のリーダーになってくれなくてもいいですよ」って、思っちゃうような性格は、好まれないのかもね
イギリスの方は犬好きさんが多いって何かで読んだけど、猫もちゃんと大切にされているのね。
とっても親近感持っちゃうな~っ
一昨年ぐらいから、子どもだけじゃなくて大人のものも猫柄が流行っていて、猫柄の服やバッグが充実してるから、お里帰りした時には買うものいっぱいあるね!
ウサギちゃんのオチリ、すっごく可愛い~
赤ちゃんらしい服って今しか着られないものね。
他のお洋服を着たリサちゃんも、いっぱい見せてね

イルカねこさん

そうなんですよーーーーっ
「猫好きなんだぁ、あの人。まぁ確かに変わってるもんねー」
みたいなノリで片付けられちゃう感じなんです。

何でも常に一番になるのがエライ、人の上に立つことが素晴らしいとされてるから
ペットに対しても同等ではなく上にいたいんでしょーね。

イギリスは犬派もいますが、
日本同様、ニャンコが好きもたくさんいるし、
外出猫もまだまだフツーにいますよー。

日本とイギリスは意外にもいろんなことが似通ってるんで
うれしくなっちゃいます

赤ちゃんらしいお洋服をたくさん満喫してもらって(というか、親が満喫するって話も
かわいい記録を思い出に残してあげたいなーって思っております

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫好きには...:

« 萌える親バカ | トップページ | ハゲからの卒業 »