フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 続・二人は戦友 | トップページ | タマネギ頭からハゲ頭へ »

2011年11月30日 (水)

姉としての自覚

いまでこそ、ほぼ母乳100%でリサちんを育てておりますが、
最初の2ヶ月間は大変でしたー


実の母からの「足りてないんじゃないの?ミルクあげた方がいいんじゃないの?」攻撃で
あふれ出すほどの量は出てきてなかった、あたくしの母乳が更に出なくなり、
自分も自分で、クヨクヨするもんだから、これまた追い討ちをかけるように出なくなり、
悪循環を繰り返し、何度、母乳育児を諦めかけただろうか......


3ヶ月もすると軌道に乗るという噂をひたすら信じて、ここまできてみたら、
本当に軌道にのりました


母乳、タダだし(えぇぇぇっ、そこがポイント?)、
栄養ばっちりだし、いくらあげても太らないし、
軌道に乗ってからの授乳中の幸せ感はなんともいえない最高のハッピーな時だし


今回、自分で経験してみて、今後は決して、不用意に、
「母乳育児?」とか「母乳でてるの?」とか出産直後のママに
聞かないんだーと心に決めました
順調じゃない場合、その話題に触れてもらいたくもないものだものーーーっ



そんなツライ時期も、あたくしをこっそり、静かに、
でも実は誰よりも寄り添い支えてくれたのは、きっとTETO



姉としての自覚もすっかり持てている様子のTETOは

相変わらず、リサちんのそばにいてくれます

017_1 008_1






















ガンガン、ギャンギャンとリサが泣く時

よだれだらけでビショビショのお手手が伸びてくる時は

かなり苦手なご様子ですけど

011_2_1

« 続・二人は戦友 | トップページ | タマネギ頭からハゲ頭へ »

3.猫のTETO」カテゴリの記事

2.大村家」カテゴリの記事

8.妊娠・出産・育児」カテゴリの記事

コメント

最初の頃は母乳によって免疫が同じ物を伝えるから良いって、
聞きますから(人用知識でなく動物用なんですが。)
そういうのもあるんでしょうけど、量って訳ではないようですしね。

ガンガン、ギャンギャンは、猫苦手なのにね〜、
TETOちゃんは平気なんですね^^;

最後の写真ミニリサちゃんと、TETOちゃんの間に、、、
て、手が〜〜と、一瞬焦りましたが、サム太郎さんですね(笑)失礼〜^^;

草之丞さん

コメント、いつもありがとうございます。

動物もやっぱり母乳で免疫がつくんだー。
そりゃそうか
母乳の良さ、一時期、粉ミルク旋風で忘れられそうになってたけど
見直されて本当によかったなーと思います。

ガンガン・ギャンギャン泣き、平気.....でもないんでしょうけど
「慣れ」なのかなぁ。
あぁ、まただわーって顔してちょっと無視してみたりしてます。

えっ、手が
まさかの心霊写真
へへ、そうです、サム太郎でしたー。失礼いたしました

最後のお写真のリサちゃん、ちょっと日本人離れした感じに見えるね。お鼻が高いね~

100%母乳だなんて素晴らしい~っ
最初は母子ともに体の準備もタイミングも整わないから、上手く行かなくて当たり前だよね。
うちの妹は、助産師さんは栄養足りてるっていうのに、産科のお医者さんがもっと体重増やすのにミルクやった方いいっていうから、ミルクを足すとか言ってる…。
不用意な一言って、ほんと困るよねぇ
赤ちゃんはデータじゃないんだから、母子ともに元気なら母乳だけでもいいのにね。
無料だし(←重要だよね!)、道具もいらないし、例えば赤ちゃんが風邪をひいてお母さんにもうつったら、お母さんが作った免疫物質が母乳にも出て、薬みたいになるんだって
その記事を以前新聞で読んで、感動しちゃったよ~
デリケートな問題だけに、共感すると熱く語っちゃう私…長くなってごめんね

さりげなく傍にいてくれるTETOちゃん、いじらしくてお利口で、ぎゅって抱きしめたくなるね
ちゃんと我慢するなんてえらいわ。
ココアはちびくじらが大きくなってきたら、教育的指導(しつこい時に軽く猫パンチするとか)も入ったけど、ちゃんと猫も手を出しちゃいけない時とか、加減とか分かってるから、ほんとえらいよね~。
幼馴染がいるのも素敵だし、TETOちゃんとの姉妹関係も素敵ね

イルカねこさん

いつもコメントありがとうございます。

本当に最初は100%母乳育児なんて無理だーーっって泣いてました。
色々ネットで調べて、「張り乳と差し乳」というのがあると知り、
自分は『差し乳』なのだととにかく毎日自分に言い聞かせて、
ひたすら十分に出てなさそうなお乳を必死にリサちんに飲んでもらってました

最初は、お医者さんや周りの人に言われるように
「何時間おきに左右10分ずつ」とかっていう方法をしようとしてもがいてたんです
で、リサちんの通う小児科で7人くらいいる先生のうちの一人が
『30分も40分もお乳を与えているようじゃ絶対に母乳が足りてないから、粉ミルクを。』と検診のときに言ってきて
それがカチンッときまして、
そこから、もう時間とか関係なく、泣いたらあげる、満足するまであげ続けるっていう方法で軌道に乗せましたーっ

赤ちゃんはデータでも、機械でもないですもんね、
不用意な一言や指導は止めて欲しいものです、ほんと。

母乳は赤ちゃんを守る事もできるし、
何だかスーパーママになった気分ですよねっ

TETOとリサも、ココアちゃんとちびくじら君みたいなステキな相方同士になってくれるといいなーって
いっつも思ってます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姉としての自覚:

« 続・二人は戦友 | トップページ | タマネギ頭からハゲ頭へ »