フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 午前中はトンネルネコ | トップページ | ネズミとお戯れのTETO »

2011年6月22日 (水)

二人は戦友

先月末に上階へ引っ越してきたご夫婦はインドの方。
まだ、まともにお話しをした事はございませぬが、
奥様は只今臨月との事で、7月の上旬予定で女の子をご出産予定という情報


昨日、どうやらインドから奥様のお母様が到着したご様子
やはり、異国での初出産、実の母の登場は心強いのは、
インドの方だろうと日本人だろうと同じなのでしょうね


何だかより一層、我が母の訪米が楽しみになってきましたぁ
2年半ぶりの再会だし、孫の誕生は母の長年の夢でしたしねっ





さて、ミシガンにやってきてから2年半のあたくし。


滞在半年もしないうちに、ラッキーにもMIXIを通して、
とってもステキング日本人&英国人カップルとお友達になれました


とても細やかな心遣い癒し系のスマイルを常に忘れないキャラの奥様には
たくさんのお友達がいて、その奥様を通して、お知り合いになれた方々の中で
偶然にも同い年の『Kちん』がいたのです。


まぁ、この歳になると「同い年」という理由だけで
グググンッと仲良しになれる事もないですが
結婚した時期、実は子供が少しでも早く欲しいと願っている、
なんて点で共通項があった上に、会話のテンポの速さも合い、
少しずつ仲良くなれたかな~って感じ..............


Kちんはとても社交的心優しい上に
在米歴もとてつもなく長い方なのでお友達が豊富
というわけで多忙なKちんご夫妻とお会いするのは数カ月に一度という頻度でした。



会う度に「子供欲しいんだけどねぇなかなかねぇ」なんて話題が必ず出てた。



昨年の11月、とうとう我が家に待望のコウノトリさんの到来
うれしかったけど、Kちんにご報告するのに正直とっても複雑な気持ちでした



が、3週間後
ウソみたいだけど、うちもコウノトリ来たぁ~~~~っ
という素晴らしいご報告が届いたっ





それから、お互い、高齢出産にあたる事もあり、
ビクビクの妊娠初期をくぐり抜け、ツライツライつわりの時期も耐え抜き、
やっと楽しいエネルギッシュマタニティライフを満喫し、
いよいよ出産間近となりました




初めての妊娠。
異国での妊娠。
分からない事だらけで、未知な事ばかりの経験が目白押しの中、
初期から中期はお互いメール励まし合い、
後期は何度か集合して、体調の事・出産準備の事・赤ちゃんグッズの事などを
夢中で語ったりしながら楽しい時間を過ごしました



3週間先輩のあたくし、ツワリ時期の突入も卒業も先、
色んな準備も常に少し先を行ってましたが、
お腹の成長っぷりが妊娠8カ月頃から、Kちんの方がグググググ~~~ンと大きく



予定日も、あたくし7月30日Kちん8月22日だったのですが
どうやらもしかしたらKちんは、
あたくしよりも数日早くご出産になるかもしれないとの展開




なぜでしょう?





なぜならKちんのお腹には男の子女の子2つの命が育ってるからです








Img_8516






お誕生日、数日違いの幼馴染ミニ・リサには2人できるわけです。



この妊娠のおかげでKちんとは『戦友』になれた気持ちでいっぱいです。
先週土曜日に、
これがきっとお互いの出産前に会えるのは最後だなと思いながら会ってきました
次に会う時には、Kちんには2人のベビちゃん、うちにはミニ・リサがいると思うと
何だかと~~~~っても不思議



こうして、本当に同時期にマタニティライフを過ごせたKちんがいた事は
とてつもなくラッキーだったとつくづく思うし、
ミニ・リサにとっても生まれてくる前から一緒に成長していける幼馴染がいるって事、
すんごくハッピーな事だと思う



しかも、昨日、我が家、1年近く待っていた朗報が舞い込んで参りました


元々はミシガンに3~5年契約での滞在だったサム太郎のお仕事。
1年前に延長の方向で話が進み、
Eビザでの滞在をLビザに変更申請が始まったものの、
一向に変更完了の連絡が来ない為、
いよいよ変更不可なのか?という気持ちもよぎりだした最近だったのです。


が、無事、10月よりEビザでの滞在が可能と連絡を頂き、
それと同時に永住権(グリーンカード)の申請もスタートする事となりました


Kちんのお宅は既にグリーンカード保持。



ずっとずっと家族ぐるみで大村家と仲良くお付き合いして頂ければいいなぁと願う
あたくし
サム太郎なのでございます。

« 午前中はトンネルネコ | トップページ | ネズミとお戯れのTETO »

2.大村家」カテゴリの記事

4.アメリカ生活」カテゴリの記事

8.妊娠・出産・育児」カテゴリの記事

コメント

お友達のことも、サム太郎さんのことも、幸せなことばかりで良かったね
気の合うお友達に出会えたことも素晴らしいし、妊婦さん仲間になれたのも、とってもラッキー!
偶然とばかりはいえない、不思議なご縁を感じるね
リサちゃん、生まれる前からお友達がいるのね。
これから一緒に成長していく姿を見るの、とっても楽しみだね~
インド人のご夫婦の赤ちゃんも、遊び仲間になってくれるかな

イルカねこさん

いつもコメントありがとうございます

本当に不思議な縁をKちんとは感じます。
偶然にも同い年だったのも。
(出会う人出会う人お若い方が多いんですよね~、なぜか
更にこうして同時期の妊娠出産という人生の大イベントを迎えて、
これから慣れない育児にお互いが悪戦苦闘していくと思うと
本当に縁を感じます。
リサにとっても、そしてKちんちの双子ちゃんにとっても、
日本語で遊べる幼馴染が身近にいる事はとっても良い事だと思うし。

上階さんの赤ちゃんとも仲良くできたらいいなぁと思いつつも
まだ一度もお話しした事がないので、どうなるかなぁ

妊婦さん仲間がいると、心強いでしょうね、
在米が長い人なら、いろいろ聞けるでしょうし。
男の子と女の子の双子ってめずらしいですね、どちらかの方が、
よく見かけますしね〜。
そして、同い年に出会うのも珍しいですよね^^;

草之丞さん

いつもコメントありがとうございます

本当に、妊婦仲間がいて心強かったです。
しかもまさに同時期!という奇遇がより一層でした。
更にお互い同い年という事で高齢妊娠の不安なんかも
一緒に乗り越えてきた感じです。

在米歴は長いKちんですが初めてのマタニティライフだったので
妊娠出産に関しての知識はお互いゼロからのスタートでした

アメリカでは意外にも男女の双子多いんですよ。
正式な比率を知ってるわけではないんですが、
やはり不妊治療が気軽に、
そして積極的に行われている国だからこそなのではないでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二人は戦友:

« 午前中はトンネルネコ | トップページ | ネズミとお戯れのTETO »