フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ベン之介の事情 ~前編~ | トップページ | 勇敢なる最近のTETO »

2011年4月27日 (水)

ベン之介の事情 ~後編~

突然ですが、先日、こんな事を書いてある記事をネットで発見しましたっ


『個人差はありますが、
自然妊娠のみで考えると、妊娠率は31歳を過ぎると徐々に、
35歳過ぎには急激に低下します。
40歳以上はかなり厳しく、45歳で妊娠する確率は200分の1以下とも。』


あたくし、35歳で結婚でした
既に“急激に低下”の域からのスタートだったんじゃ~~~んっ



更に、お友達のBOSOワイフちゃんからお借りしている妊娠・出産本に

『排卵から12~24時間しか生きられないたった1個の卵子
射精から48時間~72時間が寿命の精子(1億~2億の内の1個)との
ほとんど奇跡のような出会いから生命はスタートします』

とありました。


自然妊娠確率が急激に低下していた状態で、
更にそんな奇跡的な確率を突破して、
今はすくすくとお腹の中で育ってくれている、我が娘・ミニリサ
そんな風に考えたら、グッっときちゃいました

妊婦って涙もろいから............



さてさて、『ベン之介の事情 ~後編~』でございます。

魔の10日間の幕開けは...........
空港から家に向かう車中の中で起こりました

幕開け



空港から我が家までは車40分の距離。
が、ちょうど到着が帰宅ラッシュアワーの時間帯でしたので1時間程かかるハメに

とはいえ、
あと10~15分で到着は間違いないというところでベン之介のとった行動


ほんと、ごめんっ。ほんと先に謝るね。窓全開にするから
と言いながら、タバコに火をつけたのでした


義理の妹実年齢的にはあたくしが1歳上ですが)が妊娠しているという事承知のくせに、
渡米前に何度も喫煙は家でも車中でも控えてもらう事になると念を押し、
了解してたくせにィ~~~、ありえな~~~~~~~~~~~~~いっっっ




引き続きの喫煙ネタ

家に到着すると早速
どこでタバコを吸ったらいい?」との質問が

てか、どこも何も、外に決まってんでしょ~~~がっと怒りを感じつつも、
優しく『ベランダでお願いします』と伝える、あたくし。


その夜はそれで済んだのですが、翌日................

いやぁ、ほんとゴメン。先に心から謝らせてもらうけどさ、寒過ぎるね、ミシガン。
ちゃんと顔と腕は外に出して吸うからさ。

とベランダへの窓を15センチくらい開け、まさにそう宣言した通りに喫煙開始
(しかもコートやジャケットを着て外へ出ても寒いって言うならともかく、
シャツ1枚でベランダへでて、その発言

臭いもガンガンするし、それに副流煙もしっかり入ってきてる上に、
部屋の中の暖気が俄然、外にでてっちゃってるじゃんかよぉぉぉぉっ、
ありえねぇぇぇぇ~~~~~~~っっっ   という展開。



更に..............天気も良く気温が上がった時、ベランダに出るようになったのですが
なぜか、ベランダへの窓を閉めず、網戸だけ閉めるのです。
結果、暖気は逃げ臭いと副流煙は部屋の中へ入り込むという展開のまま


さりげなく、『窓閉めさせてね』と実力行使すると
寒いもんね~」と言いながら戻ってくる。

そうじゃねぇっつ~のっ
結局何度さりげなく伝えても改善されませんでした、最終日まで。



ドラマの姑よりもタチ悪し


食べ物の好き嫌いは特に尋常じゃなくあり過ぎる、ベン之介
サム太郎とはえらい違い


料理を振る舞う際も気を使うのですが、
料理中いちいち何の食材を使うのか、どんな味付けをするのかを
チェックするのも腹ただしい..................

出されたものを有難く頂く」という教えの中、育ってきた、あたくしとしては
この事前チェックがどうも気に入らない。

案の定、事前チェックで自分の好きじゃないアイテムを使用してるのを確認すると
一切、口をつけず、とりあえず一口食べてみるという努力すらしないのです。



社交辞令ってご存知?


そんな食べ物の好き嫌いが激し過ぎる男、ベン之介を外食に連れ出すのも一苦労
事前に本人にウェブサイトで候補のお店を披露し、選ばせる方法を今回は取りました。


メキシカン料理ステーキレストランは成功したのですけども
バッファローウィング(アメリカ料理:辛く味付けした鶏の手羽)のレストランで
事は起こりました


食事後、お店を出て、ドアの所で言い放ったベン之介の言葉

塩とスパイスだけの味でおいしくもなんともなかったな。2度と来たくないお店だった

自分で選んだくせに?  うちが支払ったのに?  そこまで言っちゃう?


更には家族友人が皆みるであろう、半公共の場であるFACEBOOK
今日連れてってもらったレストランは最悪だった」と書きこむ始末




ありがとうの言葉


よくよく考えてみると、一度も「ありがとう」を言われずに10日間を終えましたの。

飲み終わったカップ 使い終わった食器 たまったゴミの処理、
何も言わずに片付けてあげたりしたの、妊婦のあたくし。
食事の準備も何度か致しましたのよ。

外食の際の支払いは、あたくしたち弟夫婦がほぼだしました。9割以上。
あたくし、自分の両親でさえ、外食で支払ってくれたら
ごちそうさま。ありがとう。おいしかったね。」と言いますけど

バイバイする直前くらいには
10日間、ありがとう」とか
滞在させてくれてありがとね」な~んて一言あってもよくない?






と、まぁ、大きなものはこんな感じで、
その他、ありとあらゆる細かいカチンッが盛りだくさんだったのです。
何度、頭の中で
ありえないっつ~~~~~~のぉぉぉぉぉっ』と叫んだでしょうか。


郷に入っては郷に従えという暗黙の了解がわからないらしく、
我が家のルールなど一切気にすることなく、我が道を貫いてらっしゃいました


サム太郎は結婚してから変わったイケてないつまらない.......みたいな発言まで
ありましたし



元々、偏屈な所はあったものの、
絶対にこの数年でベン之介自体がむしろ変わったと思うのです。
偏屈度がひどくなったというか..............
それをサム太郎に後で言うと、サム太郎も同じく感じていた様子



歳を取って、偏屈で頑固な変わり者のおじいさんっていたりするけど、
そうなるんだろうなぁ、このままだと........と思わずにはいられなかったです。




きっつい10日間でしたが、色々と腹が立った反面、
我が家の旦那様がど~~~~んなに優しくて気が利いて素晴らしいかを
たくさん再確認でき、自分がとってもラッキーな嫁だと改めて感じ、
サム太郎に惚れ直しましたぁ



よかった~、サム太郎









Img_8122_3

ベン之介が帰り支度を終えた後、
さりげな~くスーツケースの上で過ごすTETO

最後の最後までカワイさをふりまくのが
TETO











♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

≪追記≫

大変な10日間ではありましたし、ベン之介にはワナワナしましたけど

誤解のないようにお伝えしておきます

基本、ベン之介はイイやつで、イイ兄なのです。

私達が英国へ遊びに行ったりした際にはとっても気のイイ兄で、

害もなく、楽しく過ごせるから、大好きです

ただ、我が道を行くタイプであると同時に、好き嫌いの激しさが尋常ではない為、

お客様として迎えるのはちょっと今後は遠慮したいなぁという体験談でした

« ベン之介の事情 ~前編~ | トップページ | 勇敢なる最近のTETO »

2.大村家」カテゴリの記事

8.妊娠・出産・育児」カテゴリの記事

コメント

ほんとに赤ちゃんを授かるのは、奇跡みたいなことですよね
努力とか医学とかではどうしようもないことだし、子どもたちを見ると、うちに来てくれてありがとうって思います
あぁ、ベン之介さん、空気が読めない方なのね
彼女がいないのもうなずけるというか、自由すぎますね…。
妊婦さんに煙草は良くないなんて今時常識だし、普通、お世話になってるから外食代は僕が払うよ、ぐらい言いそうなものですけどねぇ
何故、今、そんなにしてまで遊びに来たかったのかな
それにしても、やっぱりサム太郎さんは、出来たダンナ様なのねぇ
イギリス紳士だからというだけじゃなくて、サム太郎さんの性格が素敵なのね。
おもてなしの10日間、お疲れ様でした~
これからのおもてなしは、全部TETOちゃんに任せればばっちりね

イルカねこさん

いつもコメントありがとうございます

『結婚したら赤ちゃんはできるもの』って、
実は安易に考えてて
そしたら、どんなに願っても、
なかなかコウノトリさんが大村家には立ち寄ってくれなくて
今は
「なるほど~、かなりの奇跡的な確率で妊娠ってできるもんなのだぁ
と知り、ミニ・リサに感謝するばかりです

ベン之介、彼女できない理由、つくづくわかっちゃいましたぁ
ずっと「イイ人なのにねぇ」って思ってたけど、
イイ人でも別の部分に問題ありありで、
そりゃ彼女になってくれる人なかなか見つからないなぁって思っちゃう

本人は妊婦にタバコは良くないってわかっていて、
でも副流煙の害さえ避けさせればいいのだという概念の元の行動だったご様子で..........

多分、どうしてもミニ・リサが産まれる前に
サム太郎とゆっくり過ごしたかったんだと思うんですが.......
(ミニ・リサ誕生後はミニ・リサ中心の生活ですからね、我が家

同じ親から生まれ、同じ家で同じ親に育てられて、
どうやったらこうも違うタイプに育つのだろう...........と
10日間本気で悩みました

ほんと、これからはTETOにおもてなし係全般を引き受けてもらうようにお願いしなくっちゃっ

なんだかグッタリな濃い10日間でしたね・・・
ベン之介さんったらもう少し気を使ってくれてもいいのに

身重のtomomioさんには精神的に辛かったでしょう
ベン之介さんの帰宅後は疲れきっていたんですね

リサちゃん産まれてからまた遊びに来る〜なんてことになったら
また大変そう


10日間、お疲れ様でした

トコさん

コメントありがとうございます
お元気でしたか~?その後、体調はどうです?

この10日間は本当にイライラ・ワナワナッ
MAXな感じでしたけど、
色々と学べたことも多いかなと思うようになりました

こういう所気を使えないから、彼女できないんだろうなぁって
思ってしまったりして.........意地の悪い義妹ですね、あたくし

一応、また来年遊びに来る宣言をしてるベン之介なのですが
絶対に子供好きじゃないと思うので........
来ないんじゃないかなぁと予想中です

もしもそれでも来る!とはりきって言ってきたら、
まずは「完全禁煙」と
「何をするにも、どこへ行くにも、ミニ・リサ優先」である事を
念を押さなくっちゃ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベン之介の事情 ~後編~:

« ベン之介の事情 ~前編~ | トップページ | 勇敢なる最近のTETO »